軽・普通自動車車検内容一覧


トラックのエンジンオイル交換

エンジンオイル・エレメント取替

エンジンオイル及びオイルエレメントを必要に応じて交換します。

走行距離や前回交換してからの期間に応じて交換します。

スパークプラグ取替

スパークプラグを必要に応じて交換します。

プラグの寿命が来ると点火力が落ち、燃費やエンジン性能が悪くなってしまいます。

エンジンのVベルト

Vベルト全数取替

エンジンのVベルト・ファンベルト・クーラーベルトを必要に応じて交換します。

ベルトが伸びてくるとキュルキュルと異音が発生します。

そのまま放置していると最終的にVベルトが切れてします。


エアクリーナフィルタ取替

エアクリーナのエレメントを必要に応じて交換します。

エアクリーナーに汚れが詰まると不完全燃焼が起き燃費が悪化します。

そのまま放置しているとシリンダー内にすすが溜まりさらに悪影響を及ぼします。

バッテリー取替

バッテリーを必要に応じて交換します。

バッテリーの寿命が来ると充電性能が落ちてしまい最終的にエンジンがかからなくなってしまいます。

フロントブレーキディスク

フロントブレーキ ディスク・パッド取替

フロントブレーキのディスクパッドを必要に応じて交換します。

ブレーキパッドは消耗品のため定期的な交換が必要です。

ブレーキパッドがなくなるとブレーキが効かなくなってしまうため非常に危険です。


リヤホイールシリンダ取替

リヤホイールシリンダのカップキットを必要に応じて交換します。

カップキットが劣化してくるとブレーキオイル漏れを起こしてしまい危険なので定期的な交換が必要です。

トラックのブレーキシュー

リヤブレーキシュー取替

リヤブレーキのブレーキシューを必要に応じて交換します。

ブレーキシューは消耗品のため定期的な交換が必要です。

ブレーキシューがなくなるとブレーキが効かなくなってしまうため非常に危険です。

リヤブレーキ ディスク・パッド取替

リヤブレーキのディスクパッドを必要に応じて交換します。

ブレーキパッドは消耗品のため定期的な交換が必要です。

ブレーキパッドがなくなるとブレーキが効かなくなってしまうため非常に危険です。


ブレーキオイルを交換している車

ブレーキオイル交換

ブレーキオイルを必要に応じて交換します。

ブレーキオイルは水の混入や熱で劣化します。

交換を怠ると水分でブレーキの部品が錆びてしまったり、ブレーキの性能が低下してしまいます。

トラックのミッションオイル交換

ミッションオイル交換

ミッションに応じてATオイル・ミッションオイルを交換します。

ミッションオイルの交換を怠るとギアの潤滑が悪くなり、ギアの摩耗が増えて燃費の悪化やミッションの故障に繋がってしまいます。

トラックのデフオイル交換

デフオイル交換

デフオイルを必要に応じて交換します。

ミッションオイルのようにデファレンシャルギアの潤滑に使わているオイルです。

同様に交換を怠ると燃費の悪化や故障の原因になってしまいます。


エアコンフィルタ取替

エアコンフィルターを必要に応じて交換します。

エアコンフィルタは定期的に交換しないと目詰まりを起こしてしまいエアコンの効きが悪くなったり異臭の原因になります。

劣化したエアコンフィルタが原因でエアコンが故障してしまうこともあります。

ワイパーゴム取替

ワイパーゴムを必要に応じて交換します。

ワイパーゴムは車の部品の中でも比較的劣化しやすい部品です。

拭き残しや異音などの症状がある場合交換が必要です。

タイヤローテーション

必要に応じて前後のタイヤをローテーションします。

ダイヤの溝は均等に摩耗するわけではないのでタイヤローテーションを行うことでタイヤ交換の時期を延ばすことができます。


スキャンツールによるダイアグコードの読み取り

専用のスキャンツールを用いてエラーコード等が出ていないか確認します。