中型車車検内容一覧


車検を受けるにあたり必ず実施する項目

ハブグリス入替

フロント・リア/ハブ分解シール取替 グリス入替

フロント及びリアタイヤのハブを分解し異常がないか点検した後オイルシールの交換とグリスの入替を行います。

クリップボルト

フロント・リア/ホイールハブ点検

フロント及びリアタイヤのホイールハブの段付き摩耗の具合を確認します。

ハブベアリングのがたは車齢と共に増加する傾向にあるので定期的にしっかりと点検する必要があります。

クリップボルトの点検

クリップボルト点検

ホイールを支えるクリップボルトの伸び具合や錆が無いか点検します。



走行距離・疲労度・消耗度に応じて実施する項目

Vベルト

Vベルト取替

エンジンのVベルト・ファンベルト・クーラーベルトを伸び具合などに応じて交換します。

ベルトが伸びてくるとキュルキュルと異音が発生します。

そのまま放置していると最終的にVベルトが切れてします。

エアクリーナフィルタの交換

エアクリーナフィルタ取替

エアクリーナのフィルタを汚れに応じて交換します。

エアクリーナーに汚れが詰まると不完全燃焼が起き燃費が悪化します。

そのまま放置しているとシリンダー内にすすが溜まりさらに悪影響を及ぼします。

ディーゼルエンジンの燃料フィルター

フューエルフィルタ取替

燃料フィルタを必要に応じて交換します。

ディーゼルエンジンはガソリンエンジンより燃料の重要性が高いです。

フィルターが目詰まりすると燃料の供給がスムーズにいかずエンジン不調の原因になります。


PCVフィルタ取替

PCVフィルタはブローバイガスを再度燃焼室に戻すPCVバルブのフィルターです。

PCVフィルタが詰まるとオイル混入やバルブ固着の原因となりエンジン内部部品の破損や出力低下オイル吹き出しなどを起こしてしまう可能性があります。

アドブルーフィルタ取替

アドブルーフィルタは尿素SCRシステムで使用するアドブルーに混入した異物を除去するためのフィルタです。

アドブルーフィルタが詰まってしまうと尿素SCRシステムが正常に動作しなくなってしまいます。

ブレーキオイル交換

ブレーキオイル交換

油圧ブレーキ車は必要に応じてブレーキオイルを交換します。

ブレーキオイルは水の混入や熱で劣化します。

交換を怠ると水分でブレーキの部品が錆びてしまったり、ブレーキの性能が低下してしまいます。


ブレーキライニング

フロント・リヤ/ブレーキシュー取替

フロント及びリヤのブレーキシューを必要に応じて交換します。

ブレーキシューは消耗品のため定期的な交換が必要です。

ブレーキシューがなくなるとブレーキが効かなくなってしまうため非常に危険です。

フロントブレーキ オーバーホール

フロントブレーキをオーバーホールします。必要に応じてカップキットの交換も行います。

リヤホイールシリンダのオーバーホール

リヤホイールシリンダ オーバーホール

リヤホイールシリンダをオーバーホールします。必要に応じてカップキットの交換も行います。


ミッションオイルを抜いている様子

ミッションオイル交換

ミッションオイルを必要に応じて交換します。

ミッションオイルの交換を怠るとギアの潤滑が悪くなり、ギアの摩耗が増えて燃費の悪化やミッションの故障に繋がってしまいます。

デフオイルを抜いている様子

デフオイル交換

デフオイルを必要に応じて交換します。

ミッションオイルのようにデファレンシャルギアの潤滑に使わているオイルです。

同様に交換を怠ると燃費の悪化や故障の原因になってしまいます。

クーラント交換

LLC(ロングライフクーラント)を必要に応じて交換します。

クーラントはエンジンを冷やすための液体で冷却・不凍・防錆効果を併せ持っています。

交換時期を過ぎて使用するとそれらの性能が落ちるため錆びやオーバーヒートの原因となります。


ワイパーゴム取替

ワイパーのゴムを必要に応じて交換します。

ワイパーゴムは車の部品の中でも比較的劣化しやすい部品です。

拭き残しや異音などの症状がある場合交換が必要です。

トラックのエアドライヤー

エアードライヤー交換

コンプレッサーのエアードライヤーを必要に応じて交換します。